納骨堂についての豆知識|早めに検討しておくことが大切!納骨堂選びをしよう!

早めに検討しておくことが大切!納骨堂選びをしよう!

納骨堂についての豆知識

拝む男性

納骨堂はお寺や民間霊園の屋内施設に、遺骨を安置しておくスペースを設けたお墓。ロッカー式からカプセルタイプ、あるいは墓石タイプまで幅広く多彩な形式があります。納骨堂に安置するメリットはいろいろありますが、最も考えられるのが永代供養墓であることです。お墓に入る故人の承継者がいなくなっても、お寺や霊園運営者が代わりに末永く供養してくれます。このため核家族化や少子化などにより、これまで先祖代々のお墓に入らずに、納骨堂のような永代供養墓を生前に購入する方も増えています。この他のメリットとしては、一般的な屋外にあるお墓に比べて、納骨費や管理費などの初期費用や維持費を安く済ませることができる点。したがって、残された家族に負担をかけたくない方や、お墓を承継する子どもがいない方などに、今後ともニーズが高くなっていくと予想されます。

全般的に納骨堂タイプのお墓にかかる費用は、屋外で区画された墓石タイプに比べて安くなる傾向があります。もちろん納骨堂と一口に言ってもロッカー式をはじめ、位牌壇タイプや供養塔タイプなど様々です。そしてサービス内容についても、宗教法人や民間霊園企業など施設運営者ごとに異なるので、一律に費用を定義できるわけではありません。例えば、芳名録となる板に記銘すればそれだけ費用が高くなりますし、逆に、葬儀とセットにすることで費用が安くなるケースもあります。いずれにしても、気になる納骨堂があれば必ず自分自身で問い合わせてみたり、資料を取り寄せてみることが肝心です。もし実地で見学することが可能であれば、積極的に尋ねてみることをおすすめします。